通常の場合の借地権

| 未分類 |

自分が所有する建物を建てるために人にお金を支払って土地を占有して借りられる権利のことを借地権といいます。この場合は必ずしも書面で契約を結ぶ必要はないものとされているため、実際には口約束だけで結ばれたケースも多数存在しています。
法律では、ひとたび建てた建物はそれが使えなくなるまで十分な時間をかけられるように、民法の規定を超える30年(旧借地法の非堅固建物は20年)という契約期間が認められます。契約の終了時期が来たとしてもわざわざ建物を壊す義務はありませんので、契約が終わっても、地主からはしかるべき時期までに契約の更新拒絶の意思表示と正当な事由が無ければ、契約は更新されることになります。また更新の場合は、現在の借地借家法では20年以上(初回更新時)または10年(二回目以降)の期間を設定することになります。
地主さんは人に貸しているとはいえ自分の土地ですから、借りている人の許可を得る必要はありませんが、必ず登記をしておかないと賃料の支払いの際にトラブルの原因となります。
一方、借りている人が自分の建物を他人に売る場合や、権利自体を人に譲る場合には、必ず地主の許可を得る必要があります。もしこの許可を得ずに譲り渡した場合には、地主としてはその契約を解除することも可能となります。