相続が発生すると、当然その遺産を分割する手続きを行わなければなりません。
特に、財産の多い方であればその分割方法はかなり大きな問題となり、遺産分割で揉めるケースはよくあるようです。そして、その遺産を分けるにあたっては、配偶者の場合は各種の税金の控除を受けることができます。しかし、その控除を受けるためには、きちんとその遺産の分割が相続税の納付期限までに終えられていることが必要です。ですから、もし万が一遺産の分割がなかなか妥結せず、問題を先延ばしにしてしまっていると、いつしかせっかく受けることができたはずの税額控除を受けることができなくなってしまうのです。
これはある意味当然のことで、その相続税を払う方はその分の遺産をもらった人、ということになるわけですから、その人が受け取るものが確定していないと支払い金額が定まらず、相続税額を計算できないのです。
ですから、相続の発生がわかった場合には忙しいかと思いますが、できる限り早く遺産の分割についても遺族内で話し合わなければなりません。
死亡退職金や生命保険金などがある場合には、非課税枠もありますのでそのあたりも考慮に入れながら、その分割作業を行っていきましょう。